聡窯日誌 vol.8「飯碗の原風景」

九州地方や中部地方など広範囲に甚大な被害が発生しています。被災された方にお見舞いを申し上げるとともに、最前線で救援救護活動を担っている皆様に敬意を表します。

3日から降り続いている大雨。昨日、気象庁が「令和2年7月豪雨」と発表されましたね。ニュースを見過ぎたせいか、家の周りが濃紺の洪水まみれになり、逃げ遅れてしまう…という夢を見てしまいました。有田に氾濫は出ていませんが、土砂災害警報がずっと出ているので不安です。

さて話は変わりますが、今週は新しい飯碗のデザインを考えるために、飯碗のについて色々調べていたのですが、特に歴史的な部分を調べていくと面白いことが分りました。

お椀は、古くは「鞠 まり」と呼ばれており、鞠のように丸い器であったことからその呼び名が付いたようですが、良い器というのは、反転させて2つを合わせたときにちょうど四寸(12cm)の球になる、とされていたそうです。有田を含め、様々な産地で作られた飯碗を調べてもやはり、昔ながらの基本的な形は12cm。これは、標準的な大きさの日本人の両手で人差し指と親指を使い、円をつくったときの直径と同じであり、持ったときに自然と手に馴染む大きさでもあるのです。

12cm=四寸のような昔からある長さの単位は、人間の身体から生まれた“身度尺”と言われています。近年、多くの手が入った色々な形状の飯碗が増えてきていますが、様々なデザインによって失われつつある飯碗の原風景=手から生まれる形に立ちもどることが必要なのでは?と感じました。

以前のブログで、ダーヴィンの進化論の言葉から「人も焼き物も、変化しなければならない時が訪れているかもしれない」とかっこよく語ってしまいましたが、変化するには必ずタイミングがあると思います。例えば、飯碗の形状が変化するタイミングは、日本人の手が大きくなったり、小さくなったり、指がなくなったり、もしかしたら脳が発達して手が無くなってしまったり…?など、身体の進化が起こった時かもしれません。でも、それはずっと先の未来のことでしょう。

作り手が使い手に合わせて自然と作られてきた飯碗に、実はとてもプロダクト要素が含まれていることに感動する私でした。

スタッフH.O

聡窯日誌 vol.7「ひっそりと紫陽花」

7月に入り、2020年の下半期がスタートしましたが、まだ梅雨が明けそうにないですね。今日は本焼成の窯を焚いています。焼き物は1300℃近い熱で焼き上げることで、しっかりと焼き締まって完成するのですが、雨が降ると気温や湿度の関係で窯の温度がうまく上がらなくなってしまいます。雨風がひどくならないことを祈るばかりです。

梅雨と言えばアジサイ。聡彦氏の作品で紫陽花が描かれている器があります。今年のWeb有田陶器市では鉄仙シリーズに並び、紫陽花も好評でした。紫陽花の花を一輪ずつ線刻で彫り、紫色の絵具で柔らかく描かれています。鉄仙シリーズや紫陽花の器は、聡窯のオンラインショップでお買い求めできます。コロナや雨の影響で、家にいる時間が増えてきているこの頃ですが、季節を感じられる器で食卓を明るく、そして豊かにしてみませんか?

スタッフH.O

追伸:ショールームの裏には、ひっそりと紫陽花が咲いています。

聡窯日誌 vol.6「釉薬プール」

昨日から今朝まで、九州北部では大雨が降り続いていましたが、お昼過ぎには雲の隙間から青空とお日様が見えてきました。しばらく雨の日は続きそうですか…6月も残りわずか。梅雨明けの暑さがやって来る!と想像しただけで汗が出てきて、プールに飛び込みたくなります。

なんてことを思っていた今朝、聡彦氏たちが板やブルーシートを使って、せっせと何かを組み立てていました。完成したのはどこからどう見て釉薬のプール。「まさか、先生この中に入るんじゃ…!?」なんてことはなく、もちろん焼き物のためのプールでした(笑)

粘土でつくった生地をそのまま焼いたものは「素焼き」と呼ばれ、表面が粗く、水を吸収しやすく用途が限定されてしまいます。素焼きした生地の表面に釉薬を付けて焼くと、表面をガラス質が覆い、小孔をふさぐために耐水性が増します。釉薬をつける工程は「釉掛け」と呼びます。

スタッフH.O

聡窯日誌 vol.5「線刻、黙々と…」

有田焼と聞くと、筆で絵付けをした食器や絵皿…というイメージを思い浮かべる方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。聡窯では食器はもちろん、代々陶板を多く作陶してきました。その時に欠かせない技法が「線刻」です。

「線刻」は完全乾燥する前の生地に、コンパスの針や彫刻刀を使い分けながら、絵を描いていく独自の技法で、筆を使って絵を描く有田ではあまり見かけない技法です。生地が少し柔らかいときに彫っていくので、土のめくれの強弱が生まれ、平面でありながらも立体感を感じることができるところが、線刻の面白いところだと聡彦氏は語ります。

「でもずーっと同じ作業してると…飽きるけどね(笑)」

そう笑いながら黙々と一日中、線刻を行っていく聡彦氏でした。

スタッフH.O

聡窯日誌 vol.4「偶然のかぎしっぽ」

鉄仙のモチーフと新しいアイデアをかけ合わせてみたい!ということで、新しいソバ猪口の図案を考えてました。色んな意見を聞きながら、ひとまず図案(仮)が完成。早速サンプルのソバ猪口に線刻を入れて、素焼の窯詰めへ…。今日から有田も梅雨入りをして、さらに工房はジメジメしています。

図案を考えているとき、ラジオで「かぎしっぽ猫」について紹介されてました。しっぽが途中で曲がっていたり、短くてクルッと丸まっている猫は、「かぎしっぽ猫」「尾曲がり猫」と呼ばれており、長崎県に住む野良猫の8割は、かぎしっぽ猫なんだとか…。かぎしっぽ猫の原産地はインドネシア。そして江戸時代、インドネシアを拠点としたオランダ船に、積荷をネズミから守るため乗っていた猫たちが、長崎県の出島にやってきたことから住みつくようになったそうです。そういえば浮世絵などにも、多くのかぎしっぽ猫が描かれていますよね。

日本や中国では蔵の錠前のような形のかぎしっぽが、「財産を守ってくれる」商売繁盛のお守りとして大事にされてきました。またヨーロッパではかぎの形が「幸運をひっかけてくれる」縁起の良い猫だとされいるそうです。

今回の新しいアイデアのモチーフになっているのが、偶然にも「かぎしっぽ猫」だったので、思わず笑みがこぼれる私でした。

スタッフH.O

聡窯日誌 vol.3 「土と汗まみれ」

ジメッとした暑い日のロクロ作業。大きい作品は土台と側面を分けて成形していきます。なんと、使用する土の重さは土台で7㎏、側面で18㎏…! 合わせて5㎏のお米5袋分。集中力と体力が奪われそうになりながらも、土を積み重ねて成形していきます。

聡彦氏は、重要無形文化財保持者である井上萬二氏のもとで、ロクロの基礎技術を2年間学びました。当時は、萬二氏に一生懸命作った茶碗の生地を見てもらっても、少しでも歪みがあれば指でチョイと壊されて、また作り直して、見てもらって、壊されて…の繰り返しだったそうです。

正確な形状・寸法を成形するための技術はもちろん、萬二氏から教わったロクロの心得が、現在の作陶に繋がっていると聡彦氏は語ります。

スタッフH.O

余談ですが、有田町にある佐賀県窯業技術センターでは、陶磁器産地の次世代を担う新しい人材の育成を目的として、研修期間6ヶ月の一般研修を行っており、令和2年度10月期の研修生募集を6月2日から開始しています。この研修では、陶磁器産業界への就業を希望される方を対象として、「ロクロ」「絵付」「製造技術」に関する技術研修を行います。

ロクロを学んでみませんか?

令和2年度一般研修10月期 研修生募集について

聡窯日誌 vol.2 「色を探して」

新しい絵具を探しに、絵具屋さんを訪ねました。今回選んだ色は、赤、スミ茶、茶錆の3色。聡窯では、鮮やかな青色の絵具を使用することが多かったのですが、前回お話しした鉄仙シリーズの色違いや、今後の新しい作品作りで挑戦してみよう!と、茶色系の色を選んでみました。来週サンプルが焼き上がるので楽しみです。

焼き物用の絵具もそうですが、「色」というものは本当にたくさんの種類と名前が存在しています。私の好きな赤でも、茜色、赤紅、赤橙、紅葉色…などなど。

日本では古来より暮らしの中に多彩な色合いを取り入れ、繊細な色の世界を見出し、その豊かな情趣を愛でてきました。それらは多くの絵画、染織物、詩歌、文学、そして焼き物として、生活や文化の中に深く息づいています。

例えば、平安の女性たちの繊細な感性が生み出した襲装束の配色美、中世の武家社会に見られる質実剛健さ、戦国武将達の極彩色に満ちたきらびやか彩り、山紫水明との調和を求めた風流、そして詫び・寂びの世界など。歴史の流れでつけられた和の色は、美しい名前がつけられています。

今の日本は何色に染まっているでしょうか…?

スタッフ H.O

聡窯日誌 vol.1 「変わっていく花」

春になると工房に咲く鉄仙。それをモチーフにした器は、聡窯のロングセラーとなり、今年のWEB有田陶器市でも好評でした。当初からデザインは変わってませんが、これから先、もっと長く愛され、続いていく作品にするためには、少しデザインを変えてみてもいいのでは?という話になりました。

器の形状を増やしてみる、絵具の色を変えてみる、同じ作風で違うお花を描いてみる…等など。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である』

学生時代に恩師から聞いたダーヴィンの進化論の言葉を、ふと思い出しました。人も焼き物も、変化しなければならない時が訪れているかもしれません。

スタッフ H.O

 

【Web有田陶器市】ご来場の御礼

この度、Web有田陶器市ではたくさんの方々にご来場の上お買い上げを賜り、誠にありがとうございました。お陰様で好評の中、無事に終了することができました。日本の産業・国民が新型コロナウィルスの影響で苦しんでいるこの時期にも、有田焼、そして聡窯の作品を愛して応援してくださる皆様に、スタッフ一同感謝の気持ちを申し上げます。

初めての試みであり、至らないこともあったかと存じますが、今後とも皆様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

追伸:時に雨露は、美しさを与えてくれます。