辻󠄀 一堂

このエントリーをはてなブックマークに追加

辻󠄀 一堂 – Ichido Tsuji 

(1911.9/1~1983.6/27)

初代窯主。絵の才能を買われ香蘭社図案部に入社。昭和29年聡窯を創業以来、主に上絵付けの額皿、花器などを制作。代表作に更紗紋、蕨の他、安藤広重の浮世絵東海道五十三次を描いた額皿(志田陶磁器株式会社収蔵)などがある。日展15回入選。

【役職】
日展会友
日本新工芸家連盟会員
佐賀県陶芸協会参与
有田陶芸協会顧問

◆略歴

1911年 佐賀県太良町に、長男として生まれる

1925年 陶磁器材料会社(佐賀県塩田町)へ勤務

1930年 勤務の傍ら、佐賀県窯業試験場に通う

1932年 香蘭社の美術品工場図案部に入社

1935年 商工省陶磁器試験場(京都市)へ派遣

1944年 佐世保海兵隊へ入隊後、台南(台湾)へ出兵

1946年 台南海軍航空隊より帰還、香蘭社へ復職

1949年 香蘭社美術品部長となる(~1953年に退社)

1952年 雅号を一堂とする

1954年 新興古伊万里研究所(現:聡窯)を設立、作陶活動を始める

1955年 県展で文部大臣賞を受賞

この頃より、東海道五十三次(志田陶磁器所蔵)や、富嶽三十六景(凱風快晴)、能の石橋など、浮世絵の額皿を多く制作

1956年 日展初入選「染錦更紗紋様六角花器」(以降1979年まで15回入選)

1958年 西松浦郡陶磁器品評会(現:有田国際陶磁展)大賞

1959年 県陶磁展 通産局長賞

1960年 西日本陶芸展 最高賞

1963年 日本現代工芸美術展入選「染錦早蕨面取花器」(以降1978年まで8回入選)

1965年 新興古伊万里研究所 改め、「聡窯」と命名

1968年 九州現代工芸展 審査員を務める(~1970年)

1970年 有田町産業文化功労賞表彰

1973年 日展会友推挙

1976年 佐賀国体記念芸術展に招待出品現代工芸美術家協会会友推挙

1978 日本新工芸家連盟設立と同時に参加、会員となる

1979 第1回 日本新工芸展に会員出品(~1983年)

1980年 佐賀県陶芸協会参与就任

1983年 6月27日 永眠(享年71才) 日本新工芸展、県展などに遺作出品

2005年 佐賀県立九州陶磁文化館にて、没後22年 辻一堂・辻毅彦回顧展を開催

2006年 佐賀玉屋にて、辻一堂・毅彦・聡彦親子3代展を開催