辻󠄀 聡彦

このエントリーをはてなブックマークに追加

辻󠄀 聡彦 – Toshihiko Tsuji

(1965.10/21~)

3代目窯主。主にグラデーションを使い、雨や日本の棚田、アメリカの大自然などをテーマに線刻の技法を使う。広島、福岡、熊本に棚田を描いた陶板壁画を制作。日展20回入選(2016年現在)。九州山口陶磁展(02年に最高賞)など地方展で受賞。現在、全国の百貨店美術画廊にて作陶展(個展)開催。

【役職】
日展会友
現代工芸美術家協会本会員
現代工芸美術家協会九州会常任委員
佐賀県陶芸協会理事
有田陶芸協会理事(事務局長)
佐賀県立有田窯業大学ロクロ成形非常勤講師

◆略歴

1965年 佐賀県有田町に辻毅彦の長男として生まれる

1986年 九州造形短期大学インテリアデザイン科卒業

1987年 アメリカ、ニュージャージー州立フェアレス・ディキンソン大学工業デザイン科修学

1989年 帰郷後、重要無形文化財保持者・井上萬二氏に師事

1991年 父 辻毅彦のもと、聡窯にて作陶活動に入る

1995年 日展初入選 「染錦花器『雨の詩』」 以降20回入選(2016年現在)

1995年 日本現代工芸美術展初入選

     九州山口陶磁展(現:有田国際陶磁展)で美術部門・産業部門ダブル受賞

1997年 現代工芸美術九州会展 佐賀県知事賞

2008年 佐賀県展 佐賀県陶芸協会賞(以降数回受賞)

2000年 九州山口陶磁展(現:有田国際陶磁展) 第3位

2002年 九州山口陶磁展(現:有田国際陶磁展)文部化学大臣奨励賞 「染付金彩花器『波立つ』」

2003年 佐賀銀行文化財団新人賞表彰、日本現代工芸美術展 現代工芸賞

2004年 日展会友推挙、ドイツ有田陶芸展 ベルリン・マイセン巡回展に会員出品

2005年 佐賀県立有田窯業大学非常勤講師就任

2010年 現代工芸美術九州会展 青木龍山賞

2013年 日本現代工芸美術展 現代工芸本会員賞

2016年 日本現代工芸美術展・佐賀巡回展 佐賀県知事賞

2017年 日本現代工芸美術展審査員就任

現在、東京をはじめ、全国の百貨店美術画廊で作陶展を開催