このエントリーをはてなブックマークに追加

【個展のお知らせ】
~静寂と躍動~ 辻聡彦作陶展
■会期:平成29年9月27日(水)~10月3日(火)
■会場:西武池袋本店6階(中央B7)=アートギャラリー(美術画廊)

 白磁をキャンバスに、陶芸界でも異色の線刻技法は、立体感と奥行きを生み出します。
生活の中に共存する静と動の相対する想いを「静寂と躍動」のテーマで表現。
白磁と呉須のコントラストやグラデーション、作家が持つ心情や作品の変化を表した辻先生の新たな世界をお楽しみいただければ幸いです。(同展ご案内状より)

【辻聡彦】
・日展会友(日展20回入選)
・現代工芸美術家協会本会員
(2013年日本現代工芸美術展本会員賞・2017年同展審査員)
・現代工芸美術家協会九州会常任委員
・佐賀県陶芸協会理事
・有田陶芸協会事務局長
(九州山口陶磁展最高賞・現代工芸展佐賀県知事賞など受賞多数)