このエントリーをはてなブックマークに追加

【個展のご案内】
辻聡彦作陶展~情景を刻む~
■2018年3月20日(火)~27日(火)
■いよてつ高島屋6階美術画廊

■(作家来場)3月21日(水祝)~25日(日)

白磁をキャンバスに独自の表現方法で作陶している辻聡彦先生は、陶芸界でも異色な線刻技法により、土のめくれの強弱で立体感と奥行きを生み出し、有田の原点である白磁と呉須による調和する線刻の独特の世界をつくりあげています。
ぜひ御高覧の程よろしくお願いいたします。
(辻聡彦作陶展ごあいさつ文より)

写真は陶額作品
「桜の頃~松山城展望~」
(辻聡彦2018年作)