聡窯日誌 vol.7「ひっそりと紫陽花」

7月に入り、2020年の下半期がスタートしましたが、まだ梅雨が明けそうにないですね。今日は本焼成の窯を焚いています。焼き物は1300℃近い熱で焼き上げることで、しっかりと焼き締まって完成するのですが、雨が降ると気温や湿度の関係で窯の温度がうまく上がらなくなってしまいます。雨風がひどくならないことを祈るばかりです。

梅雨と言えばアジサイ。聡彦氏の作品で紫陽花が描かれている器があります。今年のWeb有田陶器市では鉄仙シリーズに並び、紫陽花も好評でした。紫陽花の花を一輪ずつ線刻で彫り、紫色の絵具で柔らかく描かれています。鉄仙シリーズや紫陽花の器は、聡窯のオンラインショップでお買い求めできます。コロナや雨の影響で、家にいる時間が増えてきているこの頃ですが、季節を感じられる器で食卓を明るく、そして豊かにしてみませんか?

スタッフH.O

追伸:ショールームの裏には、ひっそりと紫陽花が咲いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)