「飯碗の原風景」

新しい飯碗のデザインを考えるためにリサーチをして、気づいたこと。

良い器というのは、反転させて2つを合わせたときにちょうど四寸(12cm)の球になる、とされています。有田を含め、様々な産地で作られた飯碗を調べてもやはり、昔ながらの基本的な形は12cm。これは、標準的な大きさの日本人の両手で人差し指と親指を使い、円をつくったときの直径と同じであり、持ったときに自然と手に馴染む大きさでもあるのです。

12cm=四寸のような昔からある長さの単位は、人間の身体から生まれた“身度尺”と言われています。近年、多くの手が入った色々な形状の飯碗が増えてきていますが、様々なデザインによって失われつつある飯碗の原風景=手から生まれる形に立ちもどることが必要なのでは?と感じました。

作り手が使い手に合わせて自然と作られてきた飯碗に、実はとてもプロダクト要素が含まれていることに感動する私でした。

from スタッフ鼠

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)