聡窯日誌 vol.12「鑑賞の秋」

9月に入っていきなり、台風9・10号の影響で雨風が強かった有田町でしたが、工房では特に大きな被害はありませんでした。ただ、家の近くにある桜の木が、ポキッと幹から倒れてしまって…可愛い桜の花を咲かせていたので少し悲しいです。今後も台風・気温の変化に気をつけていきたいですね。

猛暑から残暑に、そして蝉から鈴虫たちに移り変わり、季節が秋に向かって歩み始めている今日この頃ですが、鑑賞の秋はいかがでしょう。

この度、富山大和5階アートサロンにて、9月16日(水)から22日(火・祝)まで、情景を刻む – 辻󠄀 聡彦 作陶展を開催いたします。

会期:9月16日(水)~22日(火・祝)※最終日は18時閉場

会場:富山大和 5階 アートサロン

作家来廊日:会期中全日 ※都合により変更となる場合があります

◎新型コロナウィルス感染拡大防止のため、お客様へご協力をお願いしております。詳しくは富山大和ホームページをご確認ください→【感染拡大防止への取り組み】

暗いニュースが続く世の中ではありますが、作品を通して少しでも皆様の元気に繋がっていくことを願います。

スタッフより

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)