聡窯について

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の伝統工芸品、そして磁器発祥の地である佐賀県有田町に構える聡窯。1954年、初代 辻一堂により、新興古伊万里研究所として設立し、1965年「聡窯」に改名しました。

3代目辻聡彦は、独自の技法である「線刻」を使い、白磁のキャンパスに美しい情景と想いを描き、4代目辻拓眞と共に作陶しております。