聡窯日誌 vol.2 「色を探して」

新しい絵具を探しに、絵具屋さんを訪ねました。今回選んだ色は、赤、スミ茶、茶錆の3色。聡窯では、鮮やかな青色の絵具を使用することが多かったのですが、前回お話しした鉄仙シリーズの色違いや、今後の新しい作品作りで挑戦してみよう!と、茶色系の色を選んでみました。来週サンプルが焼き上がるので楽しみです。

焼き物用の絵具もそうですが、「色」というものは本当にたくさんの種類と名前が存在しています。私の好きな赤でも、茜色、赤紅、赤橙、紅葉色…などなど。

日本では古来より暮らしの中に多彩な色合いを取り入れ、繊細な色の世界を見出し、その豊かな情趣を愛でてきました。それらは多くの絵画、染織物、詩歌、文学、そして焼き物として、生活や文化の中に深く息づいています。

例えば、平安の女性たちの繊細な感性が生み出した襲装束の配色美、中世の武家社会に見られる質実剛健さ、戦国武将達の極彩色に満ちたきらびやか彩り、山紫水明との調和を求めた風流、そして詫び・寂びの世界など。歴史の流れでつけられた和の色は、美しい名前がつけられています。

今の日本は何色に染まっているでしょうか…?

スタッフ H.O

聡窯日誌 vol.1 「変わっていく花」

春になると工房に咲く鉄仙。それをモチーフにした器は、聡窯のロングセラーとなり、今年のWEB有田陶器市でも好評でした。当初からデザインは変わってませんが、これから先、もっと長く愛され、続いていく作品にするためには、少しデザインを変えてみてもいいのでは?という話になりました。

器の形状を増やしてみる、絵具の色を変えてみる、同じ作風で違うお花を描いてみる…等など。

『最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びるでもない。唯一生き残ることが出来るのは、変化できる者である』

学生時代に恩師から聞いたダーヴィンの進化論の言葉を、ふと思い出しました。人も焼き物も、変化しなければならない時が訪れているかもしれません。

スタッフ H.O

 

【Web有田陶器市】ご来場の御礼

この度、Web有田陶器市ではたくさんの方々にご来場の上お買い上げを賜り、誠にありがとうございました。お陰様で好評の中、無事に終了することができました。日本の産業・国民が新型コロナウィルスの影響で苦しんでいるこの時期にも、有田焼、そして聡窯の作品を愛して応援してくださる皆様に、スタッフ一同感謝の気持ちを申し上げます。

初めての試みであり、至らないこともあったかと存じますが、今後とも皆様のご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

追伸:時に雨露は、美しさを与えてくれます。

【Web有田陶器市】開催日程のお知らせ

第117回有田陶器市は、新型コロナウイルスの感染・拡大を防ぐため延期となりましたが、期間中は『Web有田陶器市』を開催し、Web上で陶器市・お買い物を楽しむことができます。

聡窯・辻も、Web有田陶器市への参加準備を進めておりますので、皆さまのご来店をお待ちしております。

日程:4月29日(水)9時 ~ 5月5日(火)17時

有田陶器市HP、有田会議所、観光協会HP、有田町HP から、Web有田陶器市特設サイトへアクセスすることができます。現在、特設サイトは準備中です。特設サイトの準備が出来次第、お知らせいたします。

【第117回有田陶器市】開催日程のお知らせ ※延期

4月29日から5月5日に開催予定の第117回有田陶器市は、新型コロナウイルスの感染・拡大を防ぐため、取り止め延期となりました。延期については、新型コロナウイルスの終息後を考えています。

また4月29日から5月5日の期間中は『Web陶器市』の実施が予定されており、Web上で陶器市・お買い物を楽しむことができます。

ぜひ、Web陶器市をご利用くださいませ。