Sohyoh Official Website

辻一堂作陶歴

  • HOME »
  • 辻一堂作陶歴
このエントリーをはてなブックマークに追加

■ICHIDO TSUJI (1911.9/1~1983.6/27)

辻 一堂(つじいちどう)

<生前の役職>
・日展会友
・日本新工芸家連盟会員
・佐賀県陶芸協会参与
・有田陶芸協会顧問

1911(明治44)年 佐賀県太良町に(父)好太郎の長男として生まれる(9月1日生)(本名:貞男)
1924(大正13)年 大浦小学校高等科に入学
1925(大正14)年 陶磁器材料会社(佐賀県塩田町)へ勤務
1930(昭和 5)年 勤務の傍ら、佐賀県窯業試験場(当時:塩田町)に通う
1932(昭和 7)年 香蘭社(有田町)美術品工場図案部に入社
1935(昭和10)年 商工省陶磁器試験場(京都市)へ派遣
1944(昭和19)年 佐世保海兵隊へ入隊後、台南(現:台湾)へ出兵
(第二次世界大戦中)
1946(昭和21)年 台南海軍航空隊(台湾)より帰還、香蘭社へ復職
1949(昭和24)年 香蘭社美術品部長となる(~1953年に退社)
1952(昭和27)年 雅号を一堂とする
1954(昭和29)年 独立、新興古伊万里研究所(現:聡窯)を設立、作陶活動に入る
1955(昭和30)年 県展で文部大臣賞を受賞
この頃より、東海道五十三次(志田陶磁器所蔵)や、富嶽三十六景(凱風快晴)、能の石橋(しゃっきょう)など、浮世絵の額皿を多く制作
1956(昭和31)年 日展 初入選<染錦更紗紋様六角花器>(以降1979年まで15回入選)
1957(昭和32)年 日展 入選(2回目)<染錦天平紋様花器>
1958(昭和33)年 西松浦郡陶磁器品評会(現:九州山口陶磁展)大賞
1959(昭和34)年 県陶磁展 通産局長賞
1960(昭和35)年 西日本陶芸展 最高賞
1963(昭和38)年 日本現代工芸美術展入選<染錦早蕨面取花器>(以降1978年まで8回入選)
1965(昭和40)年 新興古伊万里研究所 改め、「聡窯」と命名
1968(昭和43)年 九州現代工芸展 審査員(~1970年)
1970(昭和45)年 有田町産業文化功労賞表彰
1973(昭和48)年 日展会友推挙
1976(昭和51)年 佐賀国体記念芸術展に招待出品
1976(昭和51)年 現代工芸美術家協会会友推挙
1978(昭和53)年 日本新工芸家連盟設立と同時に参加、会員となる
1979(昭和54)年 第1回 日本新工芸展に会員出品(~1983年)
1980(昭和55)年 佐賀県陶芸協会参与就任
1983(昭和58)年 6月27日 死去(享年71才)
1983(昭和58)年 日本新工芸展、県展などに遺作出品
2005(平成17)年 没後22年、辻一堂・辻毅彦回顧展を開催(佐賀県立九州陶磁文化館にて)
2006(平成18)年 辻一堂・毅彦・聡彦親子三代展を開催(佐賀玉屋)

作家紹介へ戻る

有田の白磁をキャンバスに、独自の表現方法で作陶している、日展陶芸家・辻聡彦(聡窯)の世界を紹介! TEL 0955-42-2653 営業時間9:00~18:00(不定休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Sohyoh All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.