Sohyoh Official Website

辻毅彦作陶歴

  • HOME »
  • 辻毅彦作陶歴
このエントリーをはてなブックマークに追加

■TAKEHIKO TSUJI (1936.12/5~2004.9/29)

辻 毅彦(つじたけひこ)

<生前の役職>
・日展会員
・現代工芸美術家協会理事
・現代工芸九州会副会長
・佐賀県陶芸協会理事

1936(昭和11)年 佐賀県有田町に辻一堂の長男として生まれる(12月5日生)
1955(昭和30)年 県立佐賀工業高機械科卒業
1955(昭和30)年 理研工学株式会社(現:リコー)東京支社へ入社
1957(昭和32)年 横浜造型研究所にて、洋画家・島田章三氏、林敬二氏に師事
1960(昭和35)年 帰郷後、父一堂のもと、作陶活動に入る
1961(昭和36)年 日展初入選 <染付花器「顔」>(以降28回入選~会員委嘱出品)
1966(昭和41)年 日本現代工芸美術展初入選<白磁花器「潮」>
1970(昭和45)年 三越本店(日本橋)にて「肥前陶芸作家選抜五人展」
(青木龍山、井上萬二、今泉今右衛門、中里太郎右衛門、各氏と)
1978(昭和53)年 九州山口陶磁展 大賞(通産大臣賞)<染付果物鉢揃「鉄仙」>
1980(昭和55)年 青木龍山氏らと現代工芸肥前支部(現:現代工芸九州会)を発足
1981(昭和56)年 日展特選 <染錦花器「西陵」>
1981(昭和56)年 日本現代工芸美術展 会員賞
1982(昭和57)年 佐賀県芸術文化賞知事表彰
1982(昭和57)年 日本現代工芸美術展 審査員(2001年まで審査員5回)
1983(昭和58)年 井上萬二氏らとニューメキシコ州立大学で技術指導のため渡米
1987(昭和62)年 聖の世界を求め、タイ国へ仏教遺跡取材の旅(1988年よりヨーロッパ中心に取材の旅をする)
1990(平成 2)年 和光ホール(東京銀座)にて個展開催(以降2005年遺作展まで8回開催)
1991(平成 3)年 佐賀県教育委員会より芸術文化功労表彰を受ける
1993(平成 5)年 日展特選(2回目) <染錦花器「尖塔」>
1994(平成 6)年 日本現代工芸美術展でNHK会長賞を受賞<染付花器「遥かエーゲ」>
1998(平成10)年 県政功労者知事表彰(芸術文化)
1998(平成10)年 日展 審査員 (2003年に2回目の審査員)
1998(平成10)年 NHKやきもの探訪「旅を刻む~辻毅彦~」取材放映
1999(平成11)年 日展 会員に推挙
2002(平成14)年 現代工芸美術家協会理事に就任
2004(平成16)年 9月29日 死去(享年67才)
2004(平成16)年 日展に遺作出品 <染付花器「聖~遥か~」>
2005(平成17)年 和光ホール(東京銀座)にて、辻毅彦遺作展を開催
2005(平成17)年 辻一堂・辻毅彦回顧展を開催(佐賀県立九州陶磁文化館)

<個展>
和光(東京銀座)、三越本店(日本橋)、横浜髙島屋、大阪髙島屋、福岡三越、(旧)福岡玉屋、(旧)熊本岩田屋、鹿児島山形屋、など
<取材の旅>
イギリス、フランス、イタリア、スペイン、ギリシャ、オランダ、ベルギー、ドイツ、ノルウェー、デンマークなど北欧諸国、オーストリアなどのヨーロッパ各国、アメリカ、カナダなど、約20ヶ国

作家紹介へ戻る

有田の白磁をキャンバスに、独自の表現方法で作陶している、日展陶芸家・辻聡彦(聡窯)の世界を紹介! TEL 0955-42-2653 営業時間9:00~18:00(不定休)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © Sohyoh All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.